低カロリーダイエットは危険です

低カロリーダイエットは危険です

低カロリーダイエットは危険です

 

低カロリーダイエットは、場合によっては逆効果になるって知っていますか?

 

カロリーの低いものばかりを選んで食べていたり食事量を極端に抑えてしまうと逆に体が脂肪をため込む状態になったりもするのです。

 

低カロリーダイエットで糖質を極端に抑えてしまうと、体が飢餓状態に対応するために勝手に脂肪をため込む体質になってしまいます

 

やり方を間違えると、逆効果になると言うことです

 

 

糖質不足が招く肥満・冷え性などの悪循環

 

低カロリーダイエットで極端に糖質が不足すると脳はエネルギー不足だと判断します。

 

糖質が不足した状態が、何ヶ月も続くと体が「飢餓状態に備えろ」という指令を勝手に出してしまうのです。

 

これを「飢餓スイッチ」と言います。飢餓スイッチが入ってしまうと、脂肪燃焼されにくい体質になってしまうのです。

 

この状態になると脂肪燃焼されなくなり逆にため込まれてしまいます。

 

隠れ肥満の方は、見た目は痩せて見えても体脂肪率は肥満傾向だったりすることがあります。

 

この場合も気がスイッチが入ってしまっている場合が多いのです

 

飢餓モードになっていると、体全体が省エネ状態になっているので冷え症や低体温、体のだるさ、低血圧と言った体調不良を招いてしまいます。

 

さらには、筋肉を分解して栄養を作ろうともするために、太りやすい体質が出来上がってしまうのです。

 

 

 

飢餓状態にしないためのポイント

 

低カロリーダイエットなどで体を飢餓状態にしないためのポイントは2つあります。

 

一つ目は糖質の割合です。

 

脂質、糖質、タンパク質の割合のことを言います

 

糖質の割合を全体の6割にすると言うことです。

 

糖質を6割にすることで飢餓状態に入らなくて済みます

 

 

もう一つの方法が、糖質の摂り方がポイントになります。

 

カロリーを抑えようとして、おにぎりや麺類など糖質だけの食生活にしてしまわないようにするのがポイントです。

 

甘い糖類などは吸収も早くすぐに血糖値があります。

 

このような食生活だとすぐに飢餓状態になってしまうのです。

 

ご飯と一緒に繊維質が豊富で吸収が緩やかになるおかずを食べることで血糖値がゆっくり上昇しゆっくり下降するようになります。

 

この状態だと体が飢餓状態にはならないのです。

 

糖質の割合と糖質の取り方を気をつけることで飢餓状態にはなりません

 

 

低カロリーダイエットの結論

 

低カロリーダイエットの結論をまとめると、低カロリーダイエットで極端に糖質が不足すると飢餓状態になってしまい痩せにくくなる。

 

飢餓状態にならないためには、糖質の割合と摂り方が非常に重要である。

 

たっぷりと食べれるような低カロリー食があれば、そういうものがお勧めできます

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから