プチ断食の効果

プチ断食の効果について

プチ断食とは

 

最近は、プチ断食が非常に流行しています。

 

プチ断食と言うのは、何も食べない完全なる断食とは違い、御飯の代わりを低カロリーなジュースやスープで済まします。

 

このプチ断食がかなり流行して、週末プチ断食などを勧めている方もいるのです。

 

さらに、ホテルなどでプチ断食のための合宿なども行われたりしている場合もあります。

 

 

 

プチ断食で中性脂肪は落とせるのか?

 

プチ断食を実践すると中性脂肪を落とせるかですが、確かに中性脂肪を減少することが出来ます

 

中性脂肪と言うのは、皮下脂肪と違い落としやすいと言えるのです。

 

ダイエットして食事を減らすとお腹から凹んで来ないでしょうか?

 

これは、お腹の内臓脂肪である中性脂肪が減ったと言うことです。

 

これと同じ現象がプチ断食でも起こるのですが、落とし穴があるのです。

 

中性脂肪は落ちるが危険性が潜んでいます。

 

 

 

プチ断食の危険性

 

先に、プチ断食をすると中性脂肪が減るというお話をしました。

 

プチ断食を実践すると中性脂肪は大幅に減少しますが、ある物質が大幅に増えてしまいます。

 

それは「ケトン体」と呼ばれる物質です。

 

長時間にわたり空腹状態が続いてしまうと、脳のエネルギーの源である糖質が不足してしまいます。

 

この状態になると体は脂肪を分解して、糖質の代用になるケトン体を作りだすのです。

 

脂肪分解することから、確かに中性脂肪は減りますが、ケトン体を大量に体内で作ってしまいます。

 

 

 

ケトン体が増えすぎると危険?

 

体の中でケトン体が増えすぎてしまうと、体は酸性になって言ってしまいます。

 

ケトン体が増えすぎると、意識障害などを引き起こすことにもつながるのです。

 

仕事などでも力が出せない、頭が働かないなどの状態がも頻繁に起こるようになります。

 

プチ断食のやり過ぎも体に毒だと言うことです。

 

さらに、糖質が不足すると飢餓状態に陥り痩せにくくなります。

 

 

 

プチ断食が太りやすい体質を作る

 

プチ断食を過度のやってしまい身体の糖質が不足してしまうと、飢餓状態になってしまいます。

 

飢餓状態については、低カロリーダイエットのところで詳しくまとめたので読んでみてください。

 

飢餓状態になってしまうと、脂肪をため込んでしまい脂肪燃焼されにくく脂肪をため込んでしまう体質になってしまうのです。

 

 

 

プチ断食のまとめ

 

プチ断食のまとめですが、過度なプチ断食をしてしまうとケトン体が増えすぎてしまい意識障害を起こす可能性もあります。

 

さらに、糖質が不足してしまうと飢餓状態で太りやすい体質になってしまう。

 

プチ断食もやり過ぎてしまうと危険性があると言うことを覚えておいてください

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから