太らない食べ方

太らない食べ方について

太る原因について

 

ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーが多いことでダイエットしていきます。

 

これがダイエットの基本です。

 

しかし、多くの方が食べ過ぎてしまいカロリー摂取が多すぎて太ってしまいます。

 

多くの肥満の原因は食べ過ぎにあります。

 

太ることは分かっていても、つい食べ過ぎてしまう方は多いのではないでしょうか?

 

たくさん、食べても太れない方法があったらいいと思う方も少なくはないでしょう。

 

たくさん食べても太らない方法があるかですが、実際にあります。

 

食べても太らない方法は存在します。ただし、いくつかのルールが存在します

 

 

太る食べ方について

 

日本人は昔から三角食いが主な食べ方でした。

 

ご飯、味噌汁、おかずを三角に置いて順番に食べていくものです。

 

しかし、この食べ方は食べ過ぎると太ってしまいます。

 

残念ながら、日本に昔からある三角食いは太ってしまう食べ方なのです

 

 

太らない食べ方とは

 

太らない食べ方は、最初に野菜だけを集中して食べることです。

 

最後にご飯などの炭水化物を摂取します。

 

最初に野菜を食べますが、野菜と言うのは噛み応えがあります

 

この噛み応えが脳に満腹の指令を出してすぐに満腹になる効果が期待できるのです。

 

満腹になると食べる量が必然的に減りカロリーを減らす効果も期待できます。

 

さらに、野菜を食べる習慣も身に付きカロリーが増えることを抑えることが出来るでしょう。

 

最後に、御飯をたべるようにしてください。

 

 

 

炭水化物を先に食べてしまうとどうなるか?

 

野菜ではなく、炭水化物を先に食べてしまうとどうなるのでしょうか?

 

小さい子供などでは、御飯を先に全部食べてしまう方もいるのではないかと思います。

 

炭水化物を一気に食べてしまうと、血糖値が急激に上昇するのです。

 

血糖値の急激な上昇はインスリンを大量に生成してしまいます。

 

インスリンを大量に生成してしまうと、それに合わせて大量の脂肪細胞を作ってしまうのです。

 

このことから、炭水化物の摂取は急激なインスリンの上昇を抑えるためにも、食事の一番最後に食べた方がよいでしょう。

 

 

 

太らない食べ方の欠点

 

太らない食べ方にも欠点が存在します。

 

これが原因で多くの方が挫折するとも言ってよいでしょう。

 

太らない食べ方の欠点ですが、御飯を最後に食べるのでどうしても味気ないものになってしまうのです

 

最後に、御飯だけ食べてもおいしくないと言えます

 

太らない食べ方なので、これだけは我慢して慣らすしかありません。

 

この食べ方が、喜びに変わるように毎日体重計にのり記録を付けていくなどの努力も必要だと言えます。

 

 

 

太らない食べ方のまとめ

 

太らない食べ方をまとめると野菜を最初に食べること、ご飯を最後に食べることこれを守るようにしてください。

 

食事量を変えることなくダイエット出来るので、お勧めの方法でもあります

 

血糖値の急激な上昇を防ぎインスリンを抑制することで、脂肪の蓄積を抑えることが出来るのです。

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから