スロージョギング

スロージョギングは効果があるのか?

ゆっくり走るスロージョギングに効果はあるのでしょうか?

 

ジョギングはきついと避けている人も多いのではないでしょうか?

 

ウォーキングだったら、まだいいけど、ジョギングだと嫌だと考える人もいるかも知れませんね

 

さらに、ゆっくり走ってジョギングをすると効果がないと考える人もいるようです。

 

ある程度、早く走らないと筋肉が刺激されないから脂肪燃焼されないと考えている人もいるようです。

 

 

スロージョギングは効果的なダイエットです

 

スロージョギングは、非常に効果が高いダイエット方法だと言うことが分かってきました。

 

最近では、スロトレもありますが、スロトレが出来ない人もスロージョギングであれば出来るのではないでしょうか?

 

筋肉は二つに分かれます、速筋と遅筋です。

 

普通のジョギングですとある程度の速さで走るために、速筋が使われます。

 

速筋は持久力がないので、スピードは速いがすぐに疲れてしまうのです。

 

しかし、時速5キロ程度のスロージョギングの場合は、遅筋しか使われません。

 

遅筋しか使わないと、疲れの指標とも言える乳酸がほとんど出ないのです。

 

よって長い時間を走り続けることが出来ます。

 

 

スロージョギングとウォーキングの違い

 

スロージョギングは時速が5キロ位なので、ウォーキングとスピード自体は大差ありません。

 

しかし、消費カロリーはウォーキングの1,6倍もあるとされているのです。

 

つまり、同じ距離でもウォーキングをするのか、ジョギングをするかで消費カロリーは1,6倍も違うと言えます

 

距離が長くなればなるほど、ウォーキングとスロージョギングの効果に差が出るのです。

 

 

 

スロージョギングをすると健康になる

 

スロージョギングは、消費カロリーを増やすだけでなく健康にも良いことが分かってきました。

 

運動をほとんどやらない人がスロージョギングをしたとします。

 

すると、体の隅々まで毛細血管が行き渡るようになり、脂肪や唐分なども体の隅々まで行きわたり消費するようになるのです。

 

このことから血糖値や中性脂肪などを下げる効果も期待できます

 

 

 

雨の日はどうすればいいのか?

 

雨の日だけでなく、雪の日もスロージョギングはやりにくいと思います

 

この場合ですが、10センチから20センチ位の台を用意して踏み台昇降運動を行うことをお勧めします

 

1歩を1回とカウントして1分間に80回から120回位の踏み台昇降運動をするのです。

 

こうすることで、普通のウォーキングの1,4倍位の効果が期待できます

 

膝を痛めている方等にもお薦めできる方法と言えるでしょう

 

 

 

スロージョギングのまとめ

 

ズロージョギングは非常に有効なダイエット方法です。

 

ウォーキングの1,6倍の効果があるので効果的にカロリーを消費出来ます

 

是非ともやってみてくださいね。

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから