体のたるみを防止するには?

体のたるみを防止する方法を紹介します

体のたるみとは

 

体のたるみを防止する方法を紹介したいと思います。

 

年齢とともに体のたるみは気になる人も多いのではないでしょうか?

 

特に年を取ると顔のたるみなどは特に気になります。

 

リフトアップしなきゃって思う方も少なくないでしょう。

 

体のたるみの原因と改善方法を紹介します。

 

 

 

年齢とたるみについて

 

20代の頃と体重は変わっていないのに、体はたるんでいる様な感じがする時はないでしょうか?

 

ある実験で、20代の方と50代の方でお尻の脂肪をリサーチしてみました。

 

その時に、脂肪の厚さは同じにも関わらず50代の方の方が垂れ下がっているように見えるのです。

 

たるみの原因を調べたところ、たるみの原因が筋肉にあることが分かってきました。

 

50代の方のお尻の筋肉が「霜降り状態」になっていたのです。

 

霜降り状態とは、筋肉の中に脂肪が入ってしまう状態のことを言います。

 

 

霜降り筋肉と体のたるみについて

 

普段筋肉と言うのは、垂れさがらないように脂肪を持ち上げているのです。

 

しかし、霜降り状態の筋肉になってしまうと、脂肪を持ち上げる力が弱まってしまいます。

 

筋肉の持ち上げが弱まることから体のたるみが出来るのです。

 

 

 

霜降り筋肉になってしまう原因

 

霜降り筋肉になってしまう原因ですが、脂肪燃焼していない状態で筋トレをするとなる場合があるとされています。

 

しかし、筋トレも全くやっていない方もいると思うのです。

 

そういう方に多いのが運動不足になります。

 

筋肉が出来る時に元になる細胞は筋衛星細胞です。

 

筋生成細胞を育てるのを成長因子と言います。

 

運動をしないと、筋衛星細胞が出てきた時に成長因子が出てきません。

 

成長因子が体の中で出てこないと、筋衛星細胞は脂肪にかわってしまいます

 

これが霜降り筋肉が出来る原因となるのです。

 

もう一つの原因は、急激な食事制限などによるタンパク質の不足が原因となります。

 

 

 

体のたるみを防止するには何をすればいいのか?

 

体のたるみを防止するには、何をすればいいかですが、普段歩く時に歩幅を7センチ多く広げるようにします。

 

歩幅を広げるだけで、筋肉を使う部分が増えるのです。

 

大股歩きをするように心がけてください。

 

大股歩きをすることで、すねや太もも、さらには腹筋まで使うことが分かっています。

 

負荷を少なくしてやるスロー筋トレなども有効です。

 

負荷は軽くても、筋肉を使い続けるので成長因子の分泌効果を高めることができます。

 

 

 

体のたるみを防止する方法のまとめ

 

体のたるみを防止するには、大股で歩くことと、スロー筋トレを実践することで防止することが出来ます。

 

やはり、ダイエットでは体を動かすことが大事だと言えるでしょう。

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから