食欲を抑える

食欲を抑えるにはどうすればいいのか?

食欲を抑えるには

 

ダイエットしたいが食欲を抑えることが出来ない人が多いようです。

 

食べている時が、一番の幸せと考えている女性もいます。

 

食欲を抑えることでダイエット出来ることが、分かってはいるけど、意志が弱くて我慢出来ないと悩んでいる方も多いようです。

 

食欲を抑えるには、どのような方法が有効か紹介したいと思います

 

 

食欲と意志の強さの関係

 

食欲と意志の強さの関係ですが、食べ物が美味しければ美味しいほど食欲が優勢になります。

 

特に、ダイエットをしていて普段は食事の量を気を付けているような人でも、大好物の料理が出ると

 

「今日は、大好物の料理だからしっかり食べよう!!」

 

となってしまう方も多いです。

 

最初に言っておきますが、意志の強さには限界があります。

 

根性だけで食欲を抑えようと思っても難しいと言えるのです。

 

 

 

食欲が抑えられない原因

 

食欲が抑えられない原因ですが、甘味、油脂、だし、その他にも料理の見た目、香り、アルコールなどは食欲を大きくする働きがあるのです。

 

それらを見たり食べたりすると、βエンドルフィンという快楽物質が分泌されるのです。

 

βエンドルフィンが食欲を刺激することで歯止めが効かなくなり食べてしまいます。

 

ストレスや睡眠不足なども過食につながるのです。

 

ある実験によると、食欲が巨大化されると理性を司るとされている前頭前野の活動が鈍るとされています。

 

つまり、美味しい物を食べてしまったりすると、食べ過ぎてはいけないと頭の中では分かっていても、食欲を抑えることが出来ないのです。

 

意志の力を超えた食欲が生み出されてしまいます。

 

 

 

食欲を抑える方法

 

食欲を抑える方法を紹介します。

 

人間の体の中には、何と食欲を抑える物質が存在したのです。

 

物質の名前は「ヒスタミン」となります。

 

ヒスタミンと言うと、かゆみなどのアレルギーを引き起こす厄介な物質です。

 

ヒスタミンを飲めば、食欲を抑えられるのか?と思うかも知れませんが、そうではありません。

 

飲んだとしても、脳の中でヒスタミンが生成されないといけないわけです。

 

しかし、飲んでも、アレルギーを引き起こしてしまう位で役には立ちません

 

 

 

食欲を抑える方法は咀嚼だった

 

ヒスタミンを脳内で生成するには、噛むことが重要です。

 

噛むと脳内の咀嚼中枢ということろを刺激して結節乳頭核も刺激されます。

 

結節乳頭核が刺激されることで、脳内でヒスタミンが生成されて食欲を抑える働きをするのです。

 

さらに、咀嚼効果で交感神経を刺激するので脂肪燃焼もしやすくなります。

 

咀嚼ダイエットなどでは、口の中に入れたら30回噛めと言われたりするのですが、歯の力で胃や腸の負担を抑えるだけではないのです。

 

実際に、口の中に物を入れたら30回ぴったり噛むことで30キロとかの大幅ダイエットに成功した方もいるみたいです。

 

お金がかかるわけでもなく、噛むことで食欲を抑えるダイエットなのでやってみる価値はあるのではないでしょうか?

 

食欲を抑える方法は噛むことだったのです。

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから