有酸素運動と休憩時間

有酸素運動と休憩時間について

有酸素運動と休憩時間について

 

ダイエットを実践している人の中で有酸素運動などを実践している方も多いかと思います。

 

ウォーキングやジョギング、他にもDVDのエクササイズなどをやっている方もいるかも知れません。

 

疑問に思ったことはないでしょうか?

 

2時間ウォーキングをしたとします。1時間で15分ほどの休憩を入れて、再度1時間歩いた方がよいのか

 

それとも続けて2時間ウォーキングした方が良いかです。

 

 

有酸素運動中に休憩を入れた方が良いのか?

 

有酸素運動中にインターバルとして休憩を入れた方が良いのかですが、

 

先の述べた、ウォーキングで行くと1時間運動して15分の休憩をして、1時間のウォーキングを再びやるのが正解です。

 

別にマラソンで順位を競っている分けではないので、休憩を入れるようにしてください。

 

有酸素運動中は、休憩を入れるのが正解です。

 

昭和初期の頃は、「水は飲むな根性で走れ」が良いとされてきましたが、

 

現代では水を飲まなければいけないことが分かってきました。

 

よって、水分補給のことを考えて休憩を取った方が良い考えた方もいるのではないでしょうか?

 

実際には、休憩での水分補給の他にもちゃんとした理由があるのです。

 

 

有酸素運動で休憩を取らないとどうなるのか?

 

まずは、有酸素運動で休憩を取らないとどうなるかについて考えてみたいと思います。

 

有酸素運動を始めて脂肪が燃焼していても、同じ動画さが続くと燃焼が悪くなってきてしまうのです。

 

疲れもどんどん蓄積されるので十分な運動効果が得られなくなります。

 

運動効率が悪くなるだけでなく、脂肪燃焼効果も低下することが分かってきました。

 

 

 

有酸素運動で休憩時間を入れると?

 

有酸素運動の時に休憩時間を入れるとどうなるかのお話です。

 

1時間しっかりと脂肪燃焼運動をしたとします

 

休憩時間を15分入れることで同じ動作で行われるのを防ぐことが出来るのです。

 

運動の開始が新たな刺激となり脂肪燃焼を改めて再開されます。

 

もちろん、脂肪燃焼効果が復活するだけでなく、運動効率も上がることは言うまでもありません。

 

有酸素運動では、疲れた体でずっと運動をしているよりも、インターバルを入れた方がよいでしょう。

 

昔は、休憩を入れない地獄の特訓をもてはやされた時代もあったようですが、

 

現在では休憩を入れることの重要さが分かってきました

 

 

 

有酸素運動の休憩時間のまとめ

 

有酸素運動では、休憩時間を入れた方が効果は確実に高まります

 

休憩時間を入れることで、脂肪燃焼効果と運動効率を上げることができます。

 

休憩の時には、水分補給なども忘れずにやってください。

 


 

今度こそダイエットに成功したい

リバウンドしないダイエット方法を実践したい

誰でも効果の出る方法を教えて欲しい

そのような方はこちらのダイエット方法がお勧めです

健康的にダイエットすることが出来ると評判になっています

当サイトで最も人気があるダイエット方法です。

当サイトで最もお勧めのダイエット方法はこちらから